生酵素がカラダの機能に効果があるのは、様々な所で紹介されているので、わかるのだけど。実際そこまでカラダに与える酵素を体外から摂取するのは何かカラダに影響を与えない?生酵素がカラダに与える影響はあるのかこちらでご紹介していきます。

酵素は食材にも存在している

まず、酵素は食材にも存在しています。ですので、危険性はなく。安全そのものです。

「酵素とか食材を発酵させて作り出したものだから、お腹などに悪いのでは?」

と思われる方もいらっしゃると思います。

発酵は腐らせているとは違います。

発酵はカラダにいい菌で腐敗とは違います。

また、日本人は発酵食品を知らずに食べたり飲んだり(ビール、日本酒、納豆、味噌、漬物、醤油)しているので、カラダに危険を及ぼすことはありません。

むしろカラダにいい影響をもたらすことのほうが多いです。※摂り過ぎると良くないのはどの食品も一緒です。

よって、生酵素を摂取したからといってカラダに悪い影響をもたらすことはありません。

サプリメント自体の安全性は?

こちらはサプリメントを販売されている会社によってかわるので、何とも言えません。

ですが、サプリメントに含まれている商品によって、合う合わないはあると考えられます。

特定の食材によってアレルギー反応を起こす方は、サプリメントの含まれている原材料を確認したのちに摂取したほうがいいです。

これは生酵素サプリメントだけでなく、別のサプリメントでも言えることです。

他にも品質管理等は気を付けたほうがいいです。口に入れるものですので、サプリメントの品質管理は気にしておきたい所です。

では、品質管理がよいサプリメントはどこを見ればわかるのか、気になる所ですよね?

しかし、現時点ではサプリメントに品質に関する表示はありません。

※販売する際に決められた原材料表示や栄養表示は法律で決められています。

よって、品質管理をきちんとしていると商品で確認することはできません。

できるとしたら第三者機関のチェックを受けている会社や工場で作られたものかどうかで、確認することぐらいしかできません。

近頃はGMP表示をされている健康食品も増えているので、そちらを基準に選択するのもいいと思います。

※GMPとは適正製造基準の略で世界各国で取り組んでいるもの。