酵素青汁(健康訴求)


>>楽天、アマゾン…酵素青汁111選を買うならココがお得ですよ<<



酵素青汁111選に含まれている成分は、何で構成されている?

成分から期待できる効果は?

酵素青汁111選を試したいけど、成分が気になって一歩を踏み出せない。

そういった方に、こちらでは酵素青汁111選の成分に関する事をまとめましたので、購入の際の参考にしてください。

酵素青汁111選の成分表

まずは酵素青汁111選の成分表を見ていきたいと思います。

  • エネルギー:1.84kcal
  • たんぱく質:0.04g
  • 脂質   :0.02g
  • 炭水化物 :0.36g
  • ナトリウム:0.60mg
  • ビタミンB1:0.38mg
  • ビタミンC :31.0mg
  • 葉酸   :100μg
  • 亜鉛   :2.62mg
  • 鉄    :2.63mg
  • 銅    :0.22mg
  • セサミン  :10.8mg
    ※2粒(500mg)当たりの成分

こちらがパッケージに記載されている成分表です。

普通の方が見ても成分表に書かれている数字が何を指しているのかわかりませんよね。

そもそも基準となる数字を知らなければ、この数字がいいのか悪いのか判断が付きづらいと思います。

成人に必要な一日の栄養素

ここでは、一日に成人が必要とされている栄養素を上げておきます。

※酵素青汁111選に含まれている成分しか挙げません。

エネルギーはカロリーですので、飛ばします。

  • タンパク質=体重1kgについて1g
    →あなたの体重に置き換えて、たんぱく質の量を計算してみてください。

    タンパク質はカラダを作り上げるために必要不可欠な要素ですので、可能な限り摂取量を摂る、もしくは多いぐらいに計算し方がいいです。

  • 脂質=総カロリー20%~30%
    →約55gほど摂ればいいとされています。

    摂り過ぎると脂肪に代わるので、注意してください。

  • 炭水化物=総カロリー40%~60%
    →バランスが大切ですが、約300gほど摂取するといいです。

    先ほど紹介したタンパク質の量を決めてから炭水化物と脂質を決めると、バランスが良くなります。

  • ナトリウム=1.5g
    →ナトリウムは摂り過ぎるとカラダに不調をきたします。

    だからと言って取らなすぎるのは危険です。

  • ビタミンB1=1.4mg
    →ビタミンB1は多く摂ってもカラダに不調をきたす報告が上がってませんので、上限はありませんが、目安として1.4mgは摂る様にしてください。

  • ビタミンC=100mg
    →こちらも摂り過ぎると危険になる事はありませんし、余分なビタミンCはカラダの外に出る事が多いですので、安心して摂取してください。

    美容目的の方は摂る量と摂取タイミングをこまめに設定する事が大切です。

  • 葉酸=900μg~1mg
    →こちらは摂り過ぎるとカラダに不調をきたします。

    特に妊娠を考えている方はシビアに摂取量を計算してください。

  • 亜鉛=7g~9g
    →ダイエットや食生活の乱れで足りなくなる成分です。

  • 鉄=6~7g
    →鉄も無理な食事制限で不足がちになり易いです。

  • 銅=2~3g
    →こちらも鉄同様です。

酵素青汁111選を加える事で普段不足がちな成分が補えるか、ご自身の食生活から改めて計算をしてみてください。

※ダイエットの場合はダイエットメニューを考えた上で計算をしてください。


酵素青汁(健康訴求)


>>楽天、アマゾン…酵素青汁111選を買うならココがお得ですよ<<